Entries

89quattroその1 - ボディ整形

横浜で開催されたホビーフォーラムも無事に終わった模様。参加された皆様、大変お疲れ様でした。
自分は残念ながら行けなかったのですが、クラブW.R.C.より、作品だけ参加させていただきました。
お陰様で自分の模型も展示させてもらいまして、現地参加組の方々には大変お世話になりました。
現地レポートより、大好きなラリーカーがずらりと並ぶ画像を見ただけで、思わず鳥肌が立ってしまう程の迫力を感じました。同好の士が集まるこのイベント、いつか自分も直に参加したいと強く思いましたよ。


さて、製作は久々に新規のものです。
と言うことで、おなじみロースさん作のデカールを使ったマシンを作ってみようと思います。
いただきデカールの第一弾はAudi quattroですよ。
どんなマシン?と言うと、こんなのです。
Demartini52_Portogallo 1990
んーなかなかカッチョイイ!。クアトロは大柄だから、迫力も凄いですな。丸目ってのもイイですね。
画像は90年のものなので、仕様は若干違うかもしれませんが、雰囲気は概ねこんな感じです。
キットはフジミのを使うのですが、ラリー仕様ではないので内装などは自作する必要があります。。。


まずはサンルーフ埋め。
キット付属のプラを接着して、接合部を光硬化パテで均してみます。
光硬化パテ硬化中
何やっているか判りにくい画像かもしれませんが、実はルーフ部を蛍光灯に近づけてパテを硬化させているの図です(笑)


Aピラーが折れる
でまあ、あとは粗めのヤスリを使って均すのですが、このキットのボディはとてもフニャフニャで、ヤスリがけをしている最中に、Aピラーを折ってしまいましたorz
余計な仕事が増えてしまった・・・。

プラそのものが薄っぺらだから、研ぎ出しの時はかなり気を使う必要がありそうです。
よく見たらボディそのものも歪んでいるかも(爆)これは見なかった事にしよっと。


ルーフ均し
資料を見ると、ボディサイドのモールも無いみたいなので、切除しました。
あとはピラーを直したら白に塗装できるかな。

3件のコメント

[C390] 始まりましたね。

あのペラペラのAピラー実は私も右側を折ってます。
いやまさかフジミのキットがあんなに薄いなんて、思っても見なかったもので。

白の前にヘッドライト直した方が・・・終わってました?
  • 2008-11-27
  • ロース
  • URL
  • 編集

[C391]

ご無沙汰しております。
サンルーフの隙間埋め、光硬化パテでやったんですね。
何となく、蛍光灯に近すぎのような…。
プラ、変形しそうでコワイ。(笑

[C392]

>>ロースさん
ヤスリかけながら、ボディはなんか柔らかいなーと思っていたら、ポッキリといってしまいましたよ。あの脆さにはビックリしました。
まだヘッドライトはいじってません。目下何を使うか考え中です~。


>>Hoodさん
この蛍光灯は、そんなに熱を持たないのでこれくらい近づけても大丈夫なんですよ。
光硬化パテは、直ぐに硬化して作業できるので重宝しますね。
  • 2008-11-27
  • ししゃも
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

Masuda

Author:Masuda
北海道在住
ラリーカーの模型製作記を書いています。

現在は以下のモデルを製作中です。
・SUBARU VIVIO '93 Safari
・Ford Escort Mk1 '72 Montecarlo

模型クラブ

MMD

WRClogo1.png

FC2カウンター

ブログ内検索