Entries

MDプリンタ用カラーサンプル作成

MDプリンタでドットなしデカールを作る場合、各インクリボンを重ね刷りする必要があるのですが、その際に、どの色をどれだけ重ねるとどのような変化が見られるのかを知りたくなったので、カラーサンプルを作ってみました。



MDプリンタカラーパレット2
これが作ってみたカラーサンプル。簡単に見方を説明します・・・。




カラーサンプルの見方1
①の下地というのは色を重ねる前のベースの色です。イエロー、シアン、マゼンタ等、インクリボンそのままの色だと思ってもらえばよろしいかと。○○下地 x1とかx2というのは、重ね刷り回数を表しています。当然x2の方が下地色は濃くなります。
②は下地色に対して重ね刷りをした色と、その濃度(x1~x4)を表しています。右に行くほど重ね刷りをした色が強くなります。
従って、イエロー下地x1にシアンx3というのは、イエロー→シアン→シアン→シアンという具合に重ねた色となります。

サンプルを作成するにあたり、より実態に近いものを・・・という事で、実際にデカール紙に印刷してみました。またイエロー、シアン、マゼンタ下地の下には、更に下地としてホワイトを印刷。そして、色を重ねる度に光沢仕上げを行っています(剥がれ防止)。
メタリックカラー及びブラックは、隠ぺい力が高いと考えて下地x2はしていません。






印刷したものを眺めて感じられた事は・・・

1.同色の重ね刷りは、それなりに効果がある。
x1とx2の違い
画像だと判りにくいですが、x1とx2には明らかな違いがあります。
特色ホワイトの重ね刷りは、デカールとして貼った時にボディ色が透けないと言う意味で大いに意味があります。個人的にはx2くらいしておくのがいいかな、なんて思ってます。
あ、特色ホワイトの重ね刷りをする際は、必ず光沢仕上げを間に挟むようにしましょう。
ホワイトを連続印刷すると、インクが剥がれによる失敗が発生しやすくなる他に、インクリボンを千切ってしまう恐れがあります。

・・・はい、やった事あります。


2.特色ホワイトおよびメタリック各色を下地として、マゼンタ、シアン、イエローの重ね刷りを行った場合、印刷ミスはほとんど見られず、結果は概ね良好である。
重ね刷り良好
エラーの少ない重ね方であると言えそうです。


3.逆にイエロー、マゼンタ、ブラックの上に特色ホワイトを重ねると印刷ミスが目立つ。なぜかシアンは剥がれが少ない。
剥がれのおきやすい組み合わせ
上記と逆のパターンです。重ね刷りの際、この順序は避けた方がよさそうです。
また、ブラックを下地にしてホワイトを重ねる事で、灰色を表現してみようという実験を行ってみたのですが、ホワイトの一回目がほとんど定着せず、失敗に終わりました。二回目以降はそこそこ定着しておりますが、剥がれた跡が目立ってしまい、いまひとつです。ブラックの上にホワイトは乗りにくいみたい。
なお、今回の実験では特色ホワイトのみを使っています。ベースドホワイトだとまた違う結果が得られると思います。


4.ブラックを上に重ねると、下地が何色であろうとほぼ例外なくブラックとなってしまい意味をなさない。
黒の重ね刷りは意味なし
これは予想通りの結果になりました(笑)
実験ですから、やってみることに意義があるのです( ゚∀゚)



5.オレンジや茶色など、発色させるのは困難な色が存在する。
今回の実験では使っていない、OKIカセット流用の特色ブルー、レッド、グリーンを使ったら、どのような変化があるのか気になります。



6.メタリック系の下地に各色を重ねることで、豊富な色バリエーションが得られる。メタリックは意外と使えそう
画像だと微妙な色合いは判りにくいですが、思いのほか様々な色が出ています。この上から違う種類の色を重ねる事で、更に色のバリエーションが増やせるものと思われます。


7.下地の上にホワイトを重ねた場合、x3くらいから下地色が分からなくなる。
白も3回目くらいから下地が判らなくなる
全く違いがないとは言えないのですが、苦労して色を重ねても得られるものは少ないと、そんな感じです。


8.重ね刷りの順番で色が変わる場合と変わらない場合がある。
重ね刷り順番による色の違い
図中の赤、青、緑で囲ってあるものは、重ねる順番が違うけど出力された色は変わらないというケース。これに対して、紫で囲ってあるものは色が違っています。イエロー、シアンは印刷順番にほぼ影響がなく、マゼンタだと色が変わるという結果でした。
これは隠ぺい力の違いでしょうかね。ホワイトの上にブラックをのせてもブラックのままですが、ブラックの上にホワイトを乗せたら灰色になるのと同じ事だと思います。




今回の実験は、試してみるまでは面倒くさそうとかデカール用紙やインクリボンが勿体無いみたいな印象だったのですが、予想以上に面白い結果が得られました。また、色による食いつきの良し悪し等も分かったりと、なかなか有意義なものでした。
理屈とかは分かっていても、実際に試してみないと体はなかなか覚えてくれないのよね(´・ω・`)

4件のコメント

[C440] 参考になります。

これはいいカラーサンプルですね。参考になります。
ちなみに私のプリンタ(5000)では、、一般的な明るい赤の場合、なぜかyellowの上にmazendaがうまくのらないので(間に光沢仕上げ入れない)、マゼンダの上にyellowを乗せるようにしてます。

ししゃもさんのだと、どちらでも問題なさそうですね。
  • 2009-06-03
  • KEN
  • URL
  • 編集

[C441] re:参考になります。

情報ありがとうです。
色の乗りについては、元々重ね刷りしやすい色としずらい色の他に、プリンタ本体の個体差(ヘッドの調子?)なんてのも要因の一つなのかもしれませんね。

こんなカラーサンプルを作ったら、今度はOKIカセット流用色を使った実験もしたくなってきました。こちらもそのうちやってみたいです。
  • 2009-06-03
  • ししゃも
  • URL
  • 編集

[C442] これは有難いですね

実験が必要だと思っていた矢先、最高のタイミングです(泣)
自分は早見表程度の考えでしたが、「のりやすい・剥がれやすい」まで考察されていて、とても参考になります。

プリンタの個体差はあるでしょうね。
まだ本格的にデカール自作していないので、自分のプリンタの癖を把握していませんが、以前無理やりUSB-パラレル変換ケーブルで稼動させていたので、イカれてない事を祈るばかりです。
  • 2009-06-05
  • 積みプラK
  • URL
  • 編集

[C443] re:これは有難いですね

ニアミスでしたか。これは失礼しました(汗)
ただ、画像と実物とではイメージが異なる所もありますし、色鮮やかなカラーサンプルは、眺めていても楽しいので、是非出力してみる事をオススメします~。dwg形式のデータでよければ、放出しますヨ。
  • 2009-06-05
  • ししゃも
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

Masuda

Author:Masuda
北海道在住
ラリーカーの模型製作記を書いています。

現在は以下のモデルを製作中です。
・SUBARU VIVIO '93 Safari
・Ford Escort Mk1 '72 Montecarlo

模型クラブ

MMD

WRClogo1.png

FC2カウンター

ブログ内検索