Entries

91Galantその2 - ボディ塗装

前回の記事をupした後、きむらさんから有益な資料をいただきました。ビデオくらいしか実車資料がなかったのでとても助かりましたよ。ありがとうございます~。

で、大きな勘違いとは、ボンネットのダクトです。'91モンテ/スウェディッシュには無いのですが、1000湖仕様にはあるんですね。キットのボンネットにそれが無いのは気づいてまして、ボディにケガキ跡みたいのがあったので「別パーツ化されているのだろう」と思い込んでいたのですが、残念ながらありませんでした(´・ω・`)


ボンネットの違い
黒い方は、手持ちにあった市販車仕様キットのボディ。白い方は下地まで終わっていたのですが、もう一度黒い方の下地からです・・・。


ボディ修正点
パーティングライン消しの他に、赤丸のところを修正しているのですが・・・サムネイルだと赤丸が細くて分かりにくいですね。スミマセン。
給油口について、埋めるのが正解かは分からなかったのですが、ビデオ('91スウェディッシュ)をみる限り無さそうだったので、今回は埋めています。フェンダーマーカーとリアのアンテナは説明書の指示どおり。あ、あとルーフベンチレータ用の穴を開けてます。


塗り分けラインの検討
デカールと接するような塗り分けをするときは、デカールをコピーして型紙を作ってから塗り分けラインをマスキングしています。青を統一したかったのでフロント側もマスキングしようと思ったのですが、曲線部分のマスキングテープをうまくカットできなかったのでヤメ。デカールに逃げました。塗った色と食い違うのは必至だけど、青い部分の面積は小さいから気にしない事にします・・・。


青の塗装
マスキング終了。塗らない所は、最近お気に入りのラップで包んでますよ。
なぜ2台?下地も終わってるし、ついでなので・・・。


窓枠他の塗装
使った色は、取り説通りMr.color#65インディブルー。青を塗る前にファンデーションブルーを塗装しています。
青って塗り重ねる回数が変わると見た目のイメージも随分変わってしまうので、あまり好きではないのですが、思いのほかイメージ通りの色になったので満足しています。
そして窓枠の塗装に入るべくマスキング。ルーフにもラインが入るので少々面倒ですが、一気にいきますよ。


塗装完了
大きなミスも無く塗り分け完了。次は楽しみなデカール貼りです~。

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

Masuda

Author:Masuda
北海道在住
ラリーカーの模型製作記を書いています。

現在は以下のモデルを製作中です。
・Ford Sierra 88Portugal(1/43)

模型クラブ

MMD

WRClogo1.png

FC2カウンター

ブログ内検索