Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

91Galantその3 - デカール貼り

もう11月になっちゃいました。ギャランはホビーフォーラムに間に合わないかもナァ・・・なんて思いつつも、製作はちくちくとすすめていますよ。

今回はデカール貼り。SHUNKOのデカールを使います。ここのデカールは初めて使うのですが、どうなりますやら。


shinkoデカール
何枚か貼ってみた感じでは、発色は良好で色透けもありません。質はやや硬く、凹凸に」馴染ませるのは結構大変。マークソフターだと軟化しづらくて、しつこくやっていたらある時を境に一気にデカールが脆くなって破れやすくなります。今回はソフターとセッターだけで軟化させたのですが、こういうのは蒸しタオルの方がいいのかな~。
Bピラー下の赤とか、馴染ませるのに失敗して破ってしまった(笑)。タッチアップしたらきっと分からなくなるよ、うん。


デカールの黄ばみ比較
折角二台分の色を塗ったので、デカールも二台分いっちゃいました。
ちなみに仕様ですが、1000湖の方はサロネン車。もう一台はスウェディッシュのエリクソン車です。

ルーフのRALLI ARTロゴにハセガワ純正デカールの黄ばみが確認できます。キットのデカールは時間が経っているから仕方がないとはいえ、比較すると一目瞭然で、もの凄いです(笑)
でもね、ハセガワのデカールは凹凸に馴染みやすいし、セッターにも程よく軟化してくれるし溶けないしでとっても貼りやすくて、個人的には大好きなのです。透けなければもっといいんだけどなぁ。


あと、フロントバンパーに銀のモールが入るのですが、ここはデカールを自作して貼る事にしました。
銀モールをデカール表現で
こんな感じでたくさん作って・・・。


銀モールデカールを貼り付け
貼るとこんな感じ。蛍光灯の下で撮った画像だからか、分かりにくいですね。スミマセン。
今の段階ではまずまずなのですが、細切りにしたデカールで千切れやすかったので、しっかりと密着出来なかったのが少々気がかりかな。まあ、クリアーで浮いてきても何とかなるっしょ。

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

Masuda

Author:Masuda
北海道在住
ラリーカーの模型製作記を書いています。

現在は以下のモデルを製作中です。
・SUBARU VIVIO '93 Safari

模型クラブ

MMD

WRClogo1.png

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。