Entries

91Sierraその5 - デカールを貼る

今回はシエラのデカールを貼ります。

折角なので、モールドをまたぐようなデカールの処理について、自分流のやり方を紹介してみます。とは言っても特に変わった事をしている訳でもないので、恐らく御来訪の皆様と大差ないだろうと思っているのですが、なにか変わったお話でも聞けると有難いです。
ちなみにこれから書く方法は、スミ入れをする前提での話ですよ。


大判デカールの処理1
サンプルにしたのはここ。ドアモールド部分の処理についてです。
赤で囲ったところにデカールを貼りますよ。


大判デカールの処理2
まずデカールを乗せる。
貼るデカールの種類にもよるけど、大抵はマークセッターを下に塗ってその上にデカールを乗せています。軟化剤に弱いデカールだとそのままいく場合もあります。
その後、綿棒をごろごろ転がして、デカール下の水分を追い出し密着させます。凹凸があるところはソフターで軟化させて密着させる方ですね。蒸しタオルは試した事ないです。


大判デカールの処理3
ある程度密着させたらカッター(デザインナイフでもいいです)の出番。凹部もできるだけ馴染ませるようにしてからカットします。
デカールが動いてはいけないので、カッターは横にスライドさせて切るというより上から押し切るように使ってます。
今回使ったルネッサンスのデカールは、軟化剤を使って綿棒でしつこく密着させようとすると、インクが抜ける(溶ける?)ようなので、凹部はあまり密着していません。


大判デカールの処理4
カット後にマークソフターと綿棒を使って馴染ませたのがこちら。この画像では分かりにくいですね・・・。


大判デカールの処理5
という事で反対側。カットしたところが分かりやすいかと思います。ちなみにリアドアのモールドにかかるデカールもカットしてますよ。

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

Masuda

Author:Masuda
北海道在住
ラリーカーの模型製作記を書いています。

現在は以下のモデルを製作中です。
・Ford Sierra 88Portugal(1/43)

模型クラブ

MMD

WRClogo1.png

FC2カウンター

ブログ内検索