Entries

94Escortその1 - 下地処理とデカール貼り(1)

シエラも落ち着いたと言う事で、次いってみましょ。

TA64セリカを作りたいと思いつつも、完成までの道のりはかなり長くなると見たので、ランエボXが終わってからにしようそうしよう。
で、何を作ろうかと積み部屋に行って考えてみた。W.R.C.の今年のお題はフライングフィン。要はフィンランド人ドライバーがドライブしたマシンって事なので、その辺を考慮しつつ手にしたのがフォードエスコート。
エスコートは個人的にどうしても作りたいと考えている仕様がいくつかあって、'94 1000湖のマキネン車もその中のひとつ。
マキネンのWRC初優勝マシンであると共に、WRCトップドライバーへ一気にかけあがるキッカケとなったイベントでもあります。今回はこれにしようか。


makinen1000lakes1994.jpg
実車はこんな感じ。'94のワークスカラーっすね。


パーティングラインを均す
で、タミヤのキットを使う訳なのですが、いくらタミヤとはいえそれなりに古いキットなので、パーティングラインも結構凄い事になってます。毎度の事ですが、ヤスリでゴシゴシやっときましょ。


アンテナの突起を切除しルーフベンチレータを抜く
アンテナ、ボンピン、ウォッシャーノズル等の突起を切除し、ルーフベンチレータは開状態にしたいので、開口しときました。この辺もいつもどおりです。

でまあ、作業はさくさくと進み、白の塗装まで終わってデカールを貼るところまできました。
用意したデカールはMコレのハクリデカール。うまく貼れたらとても綺麗なデカールなのだけど、ちょっとひとクセあって油断ならないヤツでもあります(笑)
まあハクリデカールを使うのも3度目だし、ちょっとは貼り方のコツを掴んだつもりでいるので何とかなるでしょ。


崩れたデカール
で、言ってるそばからコレですよ(苦笑)
デカールを貼ろうとスライドさせた瞬間に崩れやがりました。デカール表面に付いている保護紙を取った時、どうやらハクリ紙も一緒に持っていかれていたようで・・・。ハクリ紙が無かった事はデカールが崩れる瞬間まで気が付きませんでした。

仕方がないのでこの部分のデカールはタミヤのものに変更。崩れたデカールはリアバンパー角のところですが、タミヤのデカールとMコレのデカールは色が全然違うので全部貼り直し。既に貼り終えていた両側のリアフェンダーとリアバンパー角(L)のMコレデカールを泣く泣く剥がしました・・・。これがまた綺麗に取れなくてネェ。


タミヤデカールでリカバリー
気を取り直してタミヤのデカールを貼っているの図。
Mコレのと比べたら色が全然違うでしょ。タミヤのはダークブルーメタ。Mコレのはコバルトブルーって感じ。なんでMコレのはこんな色にしてるんだろ?

2件のコメント

[C542]

こんにちわ。
確かにキットのデカールと色味に差があるようですね。雰囲気的にどちらのほうが近いのでしょうか?
ワタクシもこのキットを偶然手に入れてあたためております・・(笑)。

[C543]

ぺんてこさん、こんばんは。

リアホイールアーチ付近の限定したデカール比較になりますけど、僕はタミヤのものの方が断然いいと思います。じゃぁ、なんで最初はMコレのを貼っていたかというと、単純に折角買ったデカールを余さず使いたかったから(貧乏性)という、実につまらない理由だったりします・・・。
模型的には結果オーライになりました。
  • 2011-07-24
  • ししゃも
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

Masuda

Author:Masuda
北海道在住
ラリーカーの模型製作記を書いています。

現在は以下のモデルを製作中です。
・Ford Sierra 88Portugal(1/43)

模型クラブ

MMD

WRClogo1.png

FC2カウンター

ブログ内検索