Entries

BMW M3 その2

まずは、既に作っていたやつの塗装落としをやってみました。


塗装を落とした直後の状態
スプレーやエアブラシを使った塗装は、塗膜もそれなりに厚くなっていて、塗料を落とすのも一苦労でした。
で、現れてきたのが上の画像。既に盛られているパテも中途半端に剥がれてしまったので、この辺の修正もしなければなりません。先は長そうだのぉ。



ルーフを切り取り
ルーフの嵩上げをするべく、エッチングソーで切り取ったの図。
本当に戻せるのか、これ。



適当に嵩上げした状態で仮組みするも接合部が合わない
取りあえず、仮組みしてみる。
接合部が合いません。そのまま上にスライドさせただけなのだから当たり前ですね。
選択肢は二つ。ルーフを詰めるか、ピラーの角度を変更するか。


ピラー下部にも切り込みを入れる
で、改造の少なそうな後者にしてみました。
AピラーとCピラーにも切込みを入れ、Bピラーを中心にしてルーフの位置決めをしました。継ぎ目にはプラ板を当てて、形状を固定しときます。

・・・このピラーの角度が実車と合ってるのか?なんて事は気にしません。微塵も(汗)



そういうことを三台分やってみる
なんて事を三台分やりました。ここまでは簡単。
大変なのはここから先・・・。



ルーフ嵩上げの状況
嵩上げした隙間にはエポパテを詰め込み、大雑把に形状を出してからwaveの黒い瞬着を塗布してみました。
今は一台目を手がけてます。棒ヤスリとエッチングソーで形状を整え、紙ヤスリで表面を滑らかにしていくだけなのですが、これを綺麗に処理するとなると結構大変。
そんなにサクサクと進む訳でもないので、飽きてしまう前にこの処理を終わらせねば。


あと二台もあるのか・・・。
三台同時進行は失敗だったかもと思いつつも、いま作らないと積みっぱなしになるのは目に見えているから、やっぱり今作っておいた方がいいんだろうなぁ。

2件のコメント

[C558]

こんにちは!
このM3のラリー仕様って、グループBが終わってから、ちょうどランチアデルタと同じぐらいに活躍してたんですねぇ。4駆+ターボのデルタにRWDノンターボで挑む…。男らしいです(^_^) 
完成楽しみにしてます!!

[C559]

Spitfire+Mk.24さん、いらっしゃいませ。

いつもお話を伺っていて思うのですが、色々な事を幅広くご存知ですよね。さすがです。
ご指摘のとおり、Gr.Aとなった頃のターマック(舗装路)ラリーで活躍してました。カラーリングもカッコよくて、とても魅力的なマシンですね~。

これからボチボチといじっていきますので、お付き合いいただけたら幸いです。よろしくお願いします。
  • 2011-12-04
  • ししゃも
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

Masuda

Author:Masuda
北海道在住
ラリーカーの模型製作記を書いています。

現在は以下のモデルを製作中です。
・Ford Sierra 88Portugal(1/43)

模型クラブ

MMD

WRClogo1.png

FC2カウンター

ブログ内検索